フォトコンセプトショップZAKURAにて、作品の取り扱いが始まりました。

海外のようにプリント売買の文化が広がれば、というコンセプトのもと、著名な作家から新人まで幅広くセレクトされているプリント販売の専門店です。

日本では新しい試みだと思いますので、お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください。


zakura photo concept shop

〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町 14-5-103
TEL 03-6427-0369


info@zakura.tokyo

open 14:00〜20:00(月曜日定休)

https://www.zakura.tokyo


SCREEN PRINT

「Old boots」

Special ED.

Price : 64,800yen

Size:670×475mm.

1 color screen print & Silver spray paint.

Printed on 250gsm, high quality cotton art paper.

Signed & Numbered.

Edition 3

「Old boots」

Unique ED. Silver

Price : 54,000yen

Size:670×480mm.

Silver spray paint & 1 color screen print.

Printed on 250gsm, high quality cotton art paper.

Signed & Numbered.

Edition 8

「Old boots」

Main ED.

Price : 21,600yen

Size:670×480mm.

1 color screen print & Silver spray paint.

Printed on 250gsm, high quality cotton art paper.

Signed & Numbered.

Edition 30


ストリートアート専門 RATKING GALLERYでシルクスクリーンプリント作品の取扱いがはじまりました。

ギャラリーで実際にご覧いただけますので是非お越しください。

また、オンラインショップからもご購入いただけます。


RATKING GALLERY

〒461-0014 愛知県名古屋市東区橦木町2-6-1F

TEL : 052-325-2765

FAX : 052-325-2766

MAIL : info@rat-king.com

営業時間 : 月~日 11:00~19:00


http://rat-king.com


ブルームギャラリーで作品の取扱いが始まりました。

ショールームで全ての作品を実際に手にとってご覧いただけます。

是非、ギャラリーまでお越しください。


ブルームギャラリー

TEL : 06-6829-6937

営業日 : 水木金土曜日

営業時間 : 11:00~19:00

※その他の曜日・時間帯は予約制


〒532-0025

大阪市淀川区新北野1−11−23ハイム北野B103


http://www.bloomgallery103.com


CITYRAT press. Photo Exhibition at PLACE M Shinjyuku.

2017.9.04-10


PHOTOGRAPH in the STREET 3rd EXHIBITION 「SKULL & BABY」

Shibuya / 2017.5.27

https://pis.themedia.jp


あかるい暗室教室。

京都で行なわれている暗室体験ワークショップ。

講師は写真家・gallery MAIN主宰の中澤有基と写真家・横山隆平、写真家・溝縁真子。

印画紙プリントコースとフィルム現像コース、サイアノタイププリントの3講座。

月一回開催。会場、日時などの詳しい情報はこちらから。


Ryuhei Yokoyama Photo Exhibition 2017/04/12 - 04/23 Junpu Elementary School

『沈黙と静寂 Silence and Stillness』


説明をほどこそうとはしない光にひたっている、あふれんばかりの素晴らしい記号たち──。 

マノエル・ド・オリヴェイラの言葉に惹きつけられながら撮影された、誰でも見知っている名詞(記号)、街に転がっている静物。それら先の言葉に呼応するようなシンプルで光に満ちたモノクロ写真は、不思議な強度を伴った静寂を纏っている。

There are brimful of beautiful symbols indulging in the light that is not going to give explanation. As I'm attracted to words of Manoel de Oliveira, I photographed a noun (sign) which everyone knows, and the still life rolling around city. The monochrome photography, which is simple and filled with lights as like hailing to those words, puts on stillness with mysterious strength.


開催場所

淳風小学校内教室

〒600-8361 京都府京都市下京区大宮町花屋町上柿本609−1


2017/04/12 - 04/23 Junpu Elementary School

Ryuhei Yokoyama  & Shinichiro Uchikura Photo Exhibition space.


PIS 2nd EXHIBITION 「SECRET DELIVERY 100」

PIS / Photograph in the STREET

OFFICIAL SITE https://pis.themedia.jp


gallery Main新進作家展

「内倉真一郎×横山隆平 Photo Exhibition in Taiwan」

2016年10月7日より台湾の關於綠光+marüteにて、gallery Mainの中澤有基がディレクションするgallery Main新進作家展企画「内倉真一郎×横山隆平 Photo Exhibition in Taiwan」を開催いたします。


本展示では「TOKYO,UNTITLED.」 から「酔っぱらったピアノ弾きのようなやりかたでシャッターを押せ」、数年に渡って製作、発表、更改を繰り返し纏められた都市とものども三部作「街区の壁の野晒しの、いずれ消えゆくグラフィティのような都市と光と静物のひどく短い歴史」、「果たして路上は、都市のネズミの書く詩のように続いてゆく」までの発表作品の中から数十点の写真をセレクトし展示致します。


ステートメント

カメラを手にしてからずっと東京という街で写真を撮ってきた。気が付けば十数年という時間が流れ、その間に幾つかの写真集が出来、幾十にもなる展示となった。

ざっと眺めてみる時、僕の捉えてきたそれら、そのおよそほとんどが、誰も眼を留める事のない、“路上の無名”としか呼びようのない雑景だが、しかしそこには、昼であれ夜であれ、陽光や街灯りの別なく光が、手に触れる事が出来る程の確かさで在った。

世界が如何に複雑になろうとも、社会が混迷を極めようとも、光が多ければ白に近づき、少なければ黒に似た。意味や意義など予め失われていた。テーマやコンセプトが変わっても僕の考える写真の本質、原点は、それを置いて他にない。

さて、僕は今日でも街を歩けば、そんな光の中、路上の無名の群像劇に嬉々として、カメラ片手、きりきり舞いしている──。


「内倉真一郎×横山隆平 Photo Exhibition in Taiwan」

・gallery:關於綠光+marüte

・日時:2016年10月7日(金)ー10月17(月)14:00~19:00

・住所:關於綠光+marüte (台中市中興一巷2號)

・Mail:gr2marute@gmail.com

・TEL:+886 4 2301 6717

Facebook


gallery Main

〒600-8059 

京都市下京区麩屋町通五条上ル下鱗形町543-2F

・TEL 075-344-1893

・HP http://www.gallerymain.com

・Mail info@gallerymain.com


PIS(ピス)/Phorograph in the STREET=フォトグラフ・イン・ザ・ストリート

ギャラリーや写真集ではない、新たな表現を目的としたゲリラ展示プロジェクト。


第一弾 トム&ジェリー 2016.9.6-

とある企画での展示を断られ、それぞれの作者の元に舞い戻ってきた、渋谷のネズミと宮崎の猫。

PISをスタートするには御誂え向きの写真だった。

二枚の写真は東京渋谷を舞台にトムとジェリーのようにそこら中を駆け回る──。

遭遇の際は是非、記念撮影を。

#PIS_TOMandJERRY


PIS / Photograph in the STREET

Guerrilla photography exhibition giving new expression not performed by gallery or a photo book.


1st / TOM and JERRY

Shibuya Rattus and Miyazaki Cats, they were declined the exhibition in a certain plan, and came back their authors.

It’s most suitable photographs to start PIS.

two pieces of photographs are running about in the whole that place like Tom and Jerry on the stage of Tokyo Shibuya.

when you met them, take a memorial picture.


OFFICIAL SITE https://pis.themedia.jp


「TOM and JERRY」

Main ED.

Price : 16,200yen

Size : 660×470mm.

Archival Pigment Print

Printed on high quality cotton art paper.

Numbered.

Edition 100


ONLINE STORE

Japanese

English


あいもかわらず同じようなイメージばかりを思い求め、消費された情報や微かな希望を夢見た人々で溢れかえったTOKYOを徘徊する。まるでチャールズ・ブコウスキーの小説でおなじみの主人公チナスキーが愛飲するジャックダニエルを片手に今日を共にするアバズレを探し求め、朦朧と極めて刹那的な日々を送る、その断片を見ているようだ。不安定なモノクロフィルムに叩きつけられた歪んだ光景は時に眩しく、時に狂おしく私たちの目の前に図々しく鎮座する。

酔いどれ写真家・横山隆平が醜くもこの愛すべきアンビルトな世界を引き千切った邪悪で怠惰な写真集。

「都市と物ども」三部作の内CITYRAT pressから出版された前作、街区の壁の野晒しの…に続く第二作。


Artist Statement

映画館のAKIRA上映の告知、崩れゆく国立競技場、グラフィティ、線路脇に放り投げられたモンタナスプレー缶、SUPREMEのポスター、渋谷の雑景、ジャックダニエルの空瓶ー。

宇田川町の路傍、ビルの影のなかでフィルム交換をして立ち止まる僕の前を、大きな帽子を被った女が通り過ぎる。

颯爽とした後姿を残し、光の中へと去っていった。

駅前の交差点、アスファルトの間隙でネズミが光と戯れていた。

僕の好きな街、僕の記憶や興味の対象がレンズを通してそのまま表出したような写真集となった。


About this book

I’m always following the same kind of image as I'm wandering about TOKYO, a city filled with wasted news and people dreaming with faint expectation. It’s as if I’m seeing a fragment of Henry Chinaski’s life, as he spends every fleeting day drinking Jack Daniels and looking for a slut to pass the time with. The sight is shuttered viciously in the monochrome film and they are sitting in front of us with no shame, at times they're sparking and at other times seductive. This is a collection of evil and slothful photographs taken of this beloved unbuilt world by a drunken photographer, RYUHEI YOKOYAMA. This is the part two in the trilogy,「A city and things」published by CITYRAT press. 


Artist Statement

A trailer for AKIRA at the cinema, the gradual decline of JAPAN NATIONAL STADIUM, GRAFFITI, MONTANA spray thrown to the track side, a poster of SUPREME, the bustle of SHIBUYA, an empty Jack Daniel’s bottle. By the roadside of Utagawa city, located in the shade of a building, as I stopped to exchange the film, a woman who had a large hat on was going past. She was showing her dashing back, and moved off into the light. At an intersection near the station, in a gap in the asphalt, a rat was playing with the light. This book was completed as the town I love, my memories, and anything I found interesting passed through my lens.


果たして路上は、都市のネズミの書く詩のように続いてゆく。

1,500円+税 | 210×297mm | 32ページ | モノクロ | 限定30部 |

サイン&ナンバー入り

After all, the streets continue like lyrics written by rat in the city.

Photographs by Ryuhei Yokoyama

1,500JPY | 210×297mm | 32page | Black & White | softcover

Limited 30 copies | Signed & Numbered

Published in september 2016